【リッツ・カールトン京都】フォトウエディング体験レポート4

これまで、3回にわたって長々と書いてきたフォトウエディング体験レポートですが、今回が最終回となります。

 

 

 

前回までの記事はこちら↓

maa--22.com

maa--22.com

maa--22.com

 

 

さあさあ、待ちに待った当日。フォトウエディングをすると決めてから、当日を心待ちにしていました。

 

始まっていくことへのワクワクと、それに相反する終わりたくないという思いとで、前日はあまり眠れませんでした。当日の朝もアラームより先に起きてしまうmaa。(いつもはアラームが鳴っても、後5分…と延長しちゃうのに・・・)

 

 

 

 

◎お支度

お支度は、この有名な階段を降りてもう1階降りたところ。地下2階で行いました!

出典:京都の高級ホテル | ザ・リッツ・カールトン京都

 

 

カメラマンさんには、お支度の様子から撮影に入っていただきました。お支度の最中でも、リッツ・カールトン京都 のスタッフの方が飲み物を持ってきてくださったり、「綺麗だね〜」と盛り上げてくださったりと至れり尽くせりでした。(お姫様になった気分、と本気で思いました)

\メイクさんとのお話も楽しく、あっという間だったな〜/

 

\この日着用したティアラ♡細やかな装飾が美しい!/

 

 

 

 

◎フォトウエディング撮影

全てのお支度が終了し、フォトウエディング撮影開始。

 

 

「もっと顔を近づけて〜」というカメラマンさんからの指示に照れる私たち。想像の3倍顔を近づけなければならず、照れが止まりませんでした。(初心(うぶ)で可愛い←)

\エントランスにて。七宝模様が美しい!!!/

 

他にもカフェや階段、鴨川などで沢山お写真を撮っていただき、お昼前に終了。半日のことではありましたが、普段使わない表情筋を使ったり11月後半ということで寒さもあって、終わる頃には疲労感MAXでした。(幸せな疲労感です◎)

 

 

 

 

アフタヌーンティー

着用していたウエディングドレスと(涙の)お別れをした後、撮影の様子を見に来ていたmaaの両親と旦那の4人でアフタヌーンティー

 

 

これも楽しみにしていたことの一つです。せっかく『リッツ・カールトン京都』にいるのだから、アフタヌーンティーを体験しないともったいない!と、プランとは別で事前に予約をしておりました。フォトウエディングの余韻に浸りながらピエールエルメのスイーツを堪能しました。

\素敵なスイーツばかりなのに、写真が残念すぎる(泣)/

 

 

 

 

◎お部屋

その後、チェックイン。宿泊したのは、『グランドデラックスカモガワリバービュー』というお部屋でした。

出典:京都の高級ホテル | ザ・リッツ・カールトン京都

 

 

その場の空気感やスタッフの方の接客、精巧に作られたアートの数々や館内に漂う香り、全ての計算され尽くしたモノに圧倒されます。

 

 

お部屋にはお茶菓子と果物、管理人さんからのメッセージが!2日に分けてゆっくり味わいながらいただきました☺︎

\奥には折り紙で作られた鶴も!日本らしい〜◎/

 

 

 

チェックインしてからしたこととしては、

・お部屋でくつろいだり(ふわふわなベッドがたまらん!)

・ホテルに併設されているプールに入ったり(2回も楽しみました)

ピエール・エルメ・パリの焼き立てクロワッサンなどの朝食を堪能したり(言わずもがな提供されるもの全てが美味しい)

…などなど。大袈裟でも何でもなく、「生きていて良かった」と本気で思いました。

 

 

 

 

フォトウエディングだけでなく、宿泊や朝食もセットになっているこのプラン。

modules.marriott.com

(注:2022年11月13日現在の情報となります。)

支払った料金以上の満足感と充実感を味わうことができました。リッツ・カールトン京都でフォトウエディングをすることに決めた自分達の選択は間違っていなかった!と胸を張って言えます。

 

 

以上で振り返りは終わりです。リッツ・カールトン京都には、結婚5周年記念でもう一度訪れたいなあと密かに計画中です◎実現できますように!(まだ旦那には内緒っ!)