【妊娠中期】入院した話

実は、先日2日間ほど入院をしていました。(今となっては遠い昔のように感じる・・・)

 

 

その発端となったのが、胸の痛み。休日にいつも通り自宅で昼食を取っていたら、急に胸が痛み出した。「なんだ?この痛み・・・」とは思いつつ、横になったら治るかな〜と軽く考えソファで横になった。

 

 

 

 

・・・のだが、痛みが止まらない。むしろ痛みが強くなってきた・・・?!

 

 

私の身体に何が起こっているのだろうと、急に不安になった。妊娠中期ということもあり、産婦人科に電話をしたら「とりあえず病院に来てみて」とのこと。

 

 

 

病院で胎児の心拍とか血圧などなど色々調べてもらったけど、特に問題なし。なのに、治まらない痛み。

 

 

 

そこで、医師から予想外の発言が。「念の為、入院しましょう」と。

 

 

 

 

・・・え?入院?!?!

 

入院なんて子どもの頃以来したことがなかったため、その言葉にビックリしたと同時に不安な気持ちが倍増。

 

 

 

 

しかし、いざ入院してみると快適なこと。ご飯3食出るし、1日に何度も胎児の心拍を測ってもらえるし。(よく動いていて可愛かった)

 

何より、安心。痛みが強くなっても、ナースコールを押せばすぐ駆けつけてくれるという安心感。

 

 

それだけで、痛みがまぎれた。

 

 

 

痛みも、次の日にはすっかり治まり結局詳しい原因はよくわからないまま退院。

 

 

 

それでも、母子共に順調に生活出来ているこの日々が、とっても幸せでかけがえのないことだと身に染みて感じた入院期間でした。